イベント情報&活動記録

「第8回日本一さくらんぼ祭り」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2019.06.22

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 第8回日本一さくらんぼ祭り(山形市)にて、奥羽・羽越新幹線の早期実現に向けての啓発・広報活動「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を開催し、パネル展示や啓発グッズの配布、青年会議書による署名活動を行いました。

 この日は親子連れでブースを訪れる方が多く、バルーンアートのプレゼントや新幹線をテーマにした手作りエコバックの作成も楽しんでいただきました。「子供が大人になったときに新幹線が開業し、もっと便利になってほしい」といった声など、フル規格新幹線に期待するご意見が多く寄せられました。

第8回日本一さくらんぼ祭りにて

第8回日本一さくらんぼ祭りの様子

手作りエコバック

第8回日本一さくらんぼ祭りの様子

福島~米沢間トンネル整備での政府への要望活動の実施2019.06.14

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 福島~米沢間のトンネル整備の早期事業化に向けて、山形県と福島県が連携し、菅内閣官房長官への要望活動を行いました。
 山形県の吉村知事からは、国土強靭化の視点からのトンネルの必要性、福島県や秋田県への奥羽新幹線の効果、山形県と福島県の両県で要望することの重要性を説明。同席した福島県の大島生活環境部長からも、災害に強いインフラ整備が重要であることをお伝えいただき、菅官房長官から、山形県と福島県の両県の熱意をしっかりと受け止めていただきました。

要望活動の様子

「道の駅米沢」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2019.03.02

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 2018年に東北中央自動車道米沢中央IC付近にオープンした「道の駅米沢」にて、置賜地域奥羽新幹線整備・米沢―福島間トンネル整備実現同盟会との共催により、奥羽・羽越新幹線の早期実現及び奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化に向けた「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を実施。ブース内ではリーフレットやクリアファイルなどの啓発グッズ配布や、説明パネル展示、ガーランドメッセージ記入、「未来の山形へのメッセージ」テレビカメラ収録、子どもたちを対象とした新幹線ぬり絵体験、バルーンアートプレゼント等を行いました。
 当日、説明パネルをご覧いただいた方には、山形新幹線において最も多く発生する福島~米沢間の運休・遅延の現状や、トンネル整備の重要性などをご理解いただくと共に、このトンネル整備による安定性向上や所要時間短縮といった効果への、多くの期待の声を頂戴しました。

※なお当日お寄せいただいたメッセージはケーブルテレビで放送を行った他、後日こちらのホームページで映像公開いたします。

キャラバンの様子①

キャラバンの様子②

キャラバンの様子③

【置賜地域】「フル規格新幹線の実現に向けた地域ミーティング」の開催2019.02.22

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 10月の最上地域、11月の庄内地域、12月の村山地域に続き、置賜地域において、今年度最後の「地域ミーティング」を開催しました。12月に設立されました「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢-福島間トンネル整備実現同盟会」、「米沢市」との共催事業として、松川コミュニティセンターを会場に、山形大学工学部、米沢女子短期大学、米沢栄養大学の学生のほか、一般参加者など合わせて約30名に参加いただきました。
 はじめに、置賜地域奥羽新幹線整備・米沢―福島間トンネル整備実現同盟会会長の中川勝米沢市長より「フル規格新幹線とは何か?何故トンネル整備が必要なのか?」と題した講話において、将来における地方創生実現の基盤となる奥羽新幹線、福島~米沢間トンネル整備の重要性や、その実現に向けた地域資源の磨き上げなどの地域における取組みの大切さ等について、お話しいただきました。
 その後、参加者たちは自分たちの30年後の未来について考え、フル規格新幹線を実現するために自分たちに何が出来るかを語り合いました。最後に行われた6グループの代表者による発表では、「TwitterやYoutubeなど様々なSNSを利用して新幹線について情報発信していく」という意見や、工学部の学生からは、「新幹線を安く誘致出来るように金属の代替材料となるポリマーの開発を行いたい」との意見など、若い世代ならではの柔軟な発想・意見が数多く出されるなど、非常に有意義で活発な意見交換が交わされた会となりました。

地域ミーティングの様子①

地域ミーティングの様子②

地域ミーティングの様子③

日経地方創生フォーラム『~地方創生の基盤 全国高速鉄道幹線網の整備に向けた山形県の挑戦~奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間のトンネル整備』2019.01.22

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

平成31年1月22日東京・大手町の日経ホールにて日経地方創生フォーラムが開催されました。山形県はセッションの中で、2つの基調講演・パネルディスカッションを行いました。

詳細は、下記よりレポートページをご覧ください。

日経地方創生フォーラムレポート

『奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化』に向けたJR東日本への要望活動の実施2019.01.22

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化に向けて、会長の吉村知事を先頭に、県内経済界、「山形圏域奥羽新幹線整備実現同盟会」、「最上地域奥羽新幹線整備実現同盟会」、「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢-福島間トンネル整備実現同盟会」の代表者の皆様とともに、地域一丸となって、JR東日本(喜㔟常務取締役)への要望活動を行いました。
 吉村知事は、運休・遅延の頻発する山形新幹線の福島~米沢間におけるトンネル整備は、防災対策上の喫緊の課題であり、奥羽新幹線の早期実現の足掛かりとなるものとして、その早期事業化を要望するとともに、事業化に向けた県とJRとの検討を加速していくよう、要請しました。
 喜㔟常務取締役には、地元の熱意を受け止めていただくとともに、早期事業化に向けて、県との検討を進めていくことについてご理解をいただきました。

要望活動の様子

『奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化等』に向けた政府への要望活動の実施2018.12.27

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化等に向けて、会長の吉村知事を先頭に、県議会議長、県内経済界の代表者の皆様とともに、オール山形で、菅内閣官房長官、国土交通省の大塚副大臣への要望活動を行いました。
 当日は、「山形圏域奥羽新幹線整備実現同盟会」、「最上地域奥羽新幹線整備実現同盟会」、「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢-福島間トンネル整備実現同盟会」の代表者の皆様にもご参加いただき、県同盟と県内の奥羽新幹線沿線地域同盟会が一丸となった要望活動となりました。
 吉村知事は、運休・遅延の頻発する山形新幹線の福島~米沢間におけるトンネル整備は、防災対策上の喫緊の課題であり、奥羽新幹線の早期実現のためにも、早期事業化を図ることが不可欠である旨を説明し、そのための政府からの財政支援や、事業化に向けた技術的・制度的助言等を要望しました。
 お二人には、地元の熱意をしっかりと受け止めていただくとともに、トンネル整備等の必要性についてのご理解をいただきました。

要望活動の様子①

要望活動の様子②

【村山地域】「フル規格新幹線の実現に向けた地域ミーティング」の開催2018.12.13

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 10月の最上地域、11月の庄内地域に続き、村山地域において、今年度3回目となる「地域ミーティング」を開催しました。「山形圏域奥羽新幹線整備実現同盟会」、「東北芸術工科大学」との共催事業として、東北芸術工科大学を会場に、同大学、山形大学の学生等、約30名に参加いただきました。
 当日は石川県観光戦略推進部 誘客戦略課 西日本誘客推進グループ 宮田真奈美 主任主事、福井市商工労働部観光文化局おもてなし観光推進室 加畑美佐穂 主幹が講演を行い、それぞれ、2015年に開業した北陸新幹線がもたらした地域活性化の効果について、これから福井に延伸する北陸新幹線への期待について、ご講演をいただきました。
 その後は「30年後の未来に新幹線は必要?」をテーマに、1グループ5名程度の5グループに分かれてのワークショップが行われ、参加者たちは30年後の自分の職業・家族構成等のライフスタイルをイメージしながら、新幹線が自分たちの生活にどのように関わってくるかについてのディスカッションを行いました。
 参加者からは、フル規格新幹線が実現することで「観光などコンセプトに沿ったまちづくりがしやすくなる」「仕事場を東京にして山形在住が可能になる」といった意見のほか、「遠距離恋愛がなくなる」などのユニークな意見も出されるなど、参加者それぞれが将来の地域に思いを巡らせながら、活発な議論が交わされました。

※なお、その様子はダイジェストにてこちらのホームページで映像公開いたします。

地域ミーティングの様子①

地域ミーティングの様子②

地域ミーティングの様子③

「イオンモール山形南」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の 実施2018.12.09

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 師走を迎え多くの人で賑わうイオンモール山形南(山形市)にて奥羽・羽越新幹線の早期実現に向けての啓発・広報活動「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を山形圏域奥羽新幹線整備実現同盟会と共に実施。ブース内では啓発グッズの配布や、パネル展示、ガーランドメッセージ記入、「未来の山形へのメッセージ」テレビカメラ収録、子どもたちを対象とした新幹線ぬり絵体験、バルーンアートプレゼントを行いました。
 特にテレビカメラ収録には、多くの家族連れの皆様からご参加いただき、「そらとぶしんかんせんがほしい。」「やさしい山形になってほしい。」等、子どもたちならではの夢いっぱいのメッセージを頂戴しました。

※なお当日お寄せいただいたメッセージはケーブルテレビで放送を行った他、後日こちらのホームページで映像公開いたします。

キャラバンの様子①

キャラバンの様子②

キャラバンの様子③

【庄内地域】「フル規格新幹線の実現に向けた地域ミーティング」の開催2018.11.29

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 今年度からの新しい取組みとしてスタートした、「地域ミーティング」。10月の最上地域での開催に続き、庄内地域において、第2回目を開催しました。「山形県庄内地区羽越新幹線整備実現同盟会」、「東北公益文科大学」との共催事業として、酒田市公益研修センターを会場に、東北公益文科大学観光・まちづくりコースの学生等、約40名に参加いただきました。
 当日、講師の北陸経済研究所 調査研究部 藤沢和弘担当部長からは、北陸新幹線が地域にもたらした効果や課題を通して、新幹線整備の意義や、新幹線整備後において、どのような戦略を持って地域の活性化に取り組めばよいのかということなどについて、ご講義いただきました。
 その後、日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会やまがた連携運動推進委員会 髙橋寛索委員長より、奥羽・羽越新幹線の整備促進等に向けた署名活動の取組みについての発表があり、自分たちの地域の街づくりは、その地に暮らす人々の責務であるということをお話しいただきました。
 この日集まった参加者たちは、フル規格新幹線が庄内地域にもたらす効果、将来の庄内地域におけるフル規格新幹線の活用方策についてグループに分かれて議論し、その後の発表では、「フル規格新幹線で交流人口が拡大することに合わせ、新しい観光地を整備していくことで庄内地域の活性化につながる」「まずは高速道路整備を優先させるべき」等の意見が出されました。ファシリテーター役としてこのワークショップにも参加した藤沢さんは、人口減少化の中にあって、自ら行動を起こさなければ、自分たちの生まれた故郷や地域は消滅してしまう可能性もあると、参加した若者世代に奮起を促していました。
 フル規格新幹線というハード面から、それをいかに活用するかというソフトの面にまで議論が及び、活発な地域ミーティングとなりました。

地域ミーティングの様子①

地域ミーティングの様子②

地域ミーティングの様子③

PAGE TOP