イベント情報&活動記録

「イオンモール山形南」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2020.02.08

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 イオンモール山形南(山形市)において、「山形圏域奥羽新幹線整備実現同盟会」との共催により、奥羽・羽越新幹線の早期実現及び奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化に向け、県民の皆様の一層の理解促進と機運醸成を図る普及啓発キャラバンを実施しました。

 当日は、来場者の皆様に対して、会場内ブースでのパネル展示や啓発グッズの配布、子どもたちを対象とした新幹線ぬり絵体験、バルーンアートプレゼント等を行いました。

 お子様連れのご家族にも多く訪れていただき、新幹線のぬり絵に挑戦するお子さんや、職員のパネル展示による説明に熱心に耳を傾ける親御さんの姿も見られるなど、多くの皆様に両新幹線についての理解を深めていただくことができました。

イオンモール山形南キャラバンの様子

イオンモール山形南キャラバンの様子

イオンモール山形南キャラバンの様子

「ながい雪灯り回廊まつり」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2020.02.01

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 西置賜地域では初の実施となる普及・啓発キャラバンを、「ながい雪灯り回廊まつり」(長井市)において、置賜地域の推進組織「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢―福島間トンネル整備実現同盟会」との共催により、実施しました。

 奥羽・羽越新幹線の早期実現及び奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化に向け、会場ブースでは、啓発グッズ配布や、説明パネル展示、バルーンアートプレゼント等を行いました。

 当日、説明パネルをご覧いただいた方には、山形新幹線において最も多く発生する福島~米沢間の運休・遅延の現状や、トンネル整備の重要性などをご理解いただくとともに、このトンネル整備による安定性向上や所要時間短縮といった効果への多くの期待の声を頂戴しました。

ながい雪灯り回廊まつりキャラバンの様子

ながい雪灯り回廊まつりキャラバンの様子

ながい雪灯り回廊まつりキャラバンの様子

ながい雪灯り回廊まつりキャラバンの様子

【山形圏域】「フル規格新幹線の実現に向けた地域ミーティング」の開催2019.12.19

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 山形県奥羽・羽越新幹線整備実現同盟では、若者等の参画を得て、県内における一層の運動拡大につなげていくため、平成30年度より、県内各地域において、新幹線の地域への効果等についての議論を深める「地域ミーティング」を行っております。

 今年度第1回目となる「地域ミーティング」は、「山形圏域奥羽新幹線整備実現同盟会」との共催により山形市内で開催しました。当日は、コピーライターの鎌田高広氏をコーディネーターに迎え、効果的な情報発信などについての講演を経て、今後の普及啓発にも活用できるキャッチコピーを考えるグループワークを行いました。
 各グループとも、試行錯誤をくり返しながら、それぞれの視点で一つのキャッチコピー考案に取り組みました。最後に、それぞれのグループより、検討の過程や発想なども含めてキャッチコピーの発表が行われました。

<各グループより考案・発表されたキャッチコピー>

・「突き抜けろ!!TOHOKULINE」
(福島~米沢間のトンネル整備の早期実現をイメージして考案)

・「今どこ いも煮来て」
(山形ならではの「いも煮」を活用して山形らしさをアピール)

・「余韻にJOIN」
(東京などの目的地に長く滞在できることで、その余韻をより楽しめるようになるため)

・「とまらない想いを乗せて」
(運休・遅延が少なく、安定輸送性の高いフル規格新幹線の特徴を捉えて考案)

この日集まった参加者からは、「普段乗る機会が少ない新幹線の特徴や、地域への効果を考える貴重な機会だった」や「今回の様子をSNSで情報発信していく」などの意見をいただき、フル規格新幹線の意義や必要性について理解が一層深められました。

地域ミーティングの様子

地域ミーティングの様子

地域ミーティングの様子

地域ミーティングの様子

山形新幹線新庄延伸20周年記念シンポジウムの開催2019.12.07

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 「最上地域奥羽新幹線整備実現同盟」との共催により山形新幹線の新庄延伸20周年を記念したシンポジウムが開催されました。

 最上地域の首長や、観光、建設業関係者ら約120人が参加し、県立新庄北高等学校の探求コースの生徒による研究発表では、フル規格新幹線が実現することで、通学可能な進学先が増える効果や、建設費用や工期などの課題が発表されました。

 続いて、北陸経済研究所の藤沢調査研究部部長からは、北陸新幹線が地域にもたらした効果や課題についての講演が行われました。その後、最上地域の青年会議所や女性経営者等を加えたパネルディスカッションが行われ、「フル規格新幹線を望むだけなく、自分たちの地域をどのようにデザインしていくかが重要」といった意見が出されました。地元の多くの皆様とともに、山形新幹線新庄延伸の効果を振り返るとともに、今後の地域の発展やフル規格新幹線の効果などについての理解が深められ、意義深いシンポジウムとなりました。

20周年記念シンポジウムの様子

20周年記念シンポジウムの様子

20周年記念シンポジウムの様子

20周年記念シンポジウムの様子

「遊佐町フードフェスタ2019」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2019.12.01

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 遊佐町の農水産加工品を一堂に集めた試食販売会「遊佐町フードフェスタ2019」(遊佐町)にて奥羽・羽越新幹線の早期実現に向けての啓発・広報活動「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を「山形県庄内地区羽越新幹線整備実現同盟会」と共に実施しました。当日は会場ブースにて啓発グッズの配布や、パネル展示、日本青年会議所東北ブロック協議会との連携による高速交通網整備に向けての署名活動、子どもたちを対象とした新幹線ぬり絵体験を行いました。

 ご来場いただいた方からは、「富山とつながると便利になる」というメッセージや「単線でもいいので早く作ってほしい」等のメッセージが寄せられ、遊佐町民の新幹線に対する貴重なご意見を伺うとともに、多くの皆様に奥羽・羽越新幹線の理解を深めていただきました。

遊佐町フードフェスタの様子

遊佐町フードフェスタの様子

「三川カレー祭り」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2019.11.17

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 各店自慢の庄内カレーを味わうイベント「三川カレー祭り」(三川町)にて奥羽・羽越新幹線の早期実現に向けての啓発・広報活動「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を「山形県庄内地区羽越新幹線整備実現同盟会」と共に実施しました。当日は会場ブースにて啓発グッズの配布や、パネル展示、日本青年会議所東北ブロック協議会との連携による高速交通網整備に向けての署名活動、新幹線をテーマにした手作りエコバックの作成、子どもたちを対象とした新幹線ぬり絵体験、バルーンアートのプレゼントを行いました。

 特に署名活動にご協力いただいた方からは「新潟経由で東京に早く行けるのは便利だ」など、羽越新幹線の整備実現に待望する声を数多くお寄せいただきました。

三川カレー祭りの様子

三川カレー祭りの様子

三川カレー祭りの様子

『オール山形』での政府・JRへの要望活動の実施2019.11.05

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 会長の吉村知事を先頭に、県議会議員、県内経済界の代表者の皆様とともに、オール山形で、国土交通省の御法川副大臣、JR東日本の喜㔟常務取締役への要望活動を行いました。
 当日は、「最上地域奥羽新幹線整備実現同盟会」、「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢―福島間トンネル整備実現同盟会」、「山形県庄内地区羽越新幹線整備実現同盟会」の代表者の皆様にもご参加いただき、県同盟と県内の地域同盟会が一丸となり、まさに県を挙げての要望となりました。
 御法川国土交通副大臣要望に際して、吉村知事は、地方創生の実現や国土強靭化、観光立国の観点からもフル規格の奥羽・羽越新幹線の早期実現が不可欠である旨を伝え、奥羽・羽越新幹線の整備計画路線への格上げや必要となる政府予算の確保など、その整備が着実に進められるよう要望しました。その上で、特に、運休・遅延の頻発する山形新幹線の福島~米沢間におけるトンネル整備については、奥羽新幹線の早期実現のためにも、防災対策上の喫緊の課題であり、早期事業化を図ることが不可欠である旨を説明し、そのための政府からの財政支援を要望しました。
 御法川国土交通副大臣には、地元の熱意をしっかりと受け止めていただくとともに、地元とJR東日本の検討を踏まえ、国土交通省としてどのような支援ができるか勉強していく旨のお話をいただきました。
 また、JR東日本喜勢常務からは、山形新幹線は重要な路線であり、これまでも防災対策を講じてきたが、安定輸送上の課題への抜本的な対策としてのトンネル整備の検討を行っている。事業化に向けたコストなどの課題について、事業化に向けて、県などの協力を得ながら進めているが、引き続き精力的に取り組んでいきたいとのコメントをいただきました。

要望活動の様子

「新庄まつり」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2019.08.24

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 新庄まつり(新庄市)にて、奥羽・羽越新幹線の早期実現に向けての啓発・広報活動「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を最上地域奥羽新幹線整備実現同盟会の皆様と連携して実施、パネル展示や啓発グッズの配布、青年会議所による署名活動を行いました。

 この日訪れた県内外の方々からは、「山形新幹線が新庄に延伸して20年が経った。昔に比べれば早くなったが、まだ、東京まで4時間近くかかる。早く実現してほしい」といった意見や、「福島~米沢間のトンネル整備を早く実現してほしい」といった意見が寄せられました。

 地元の皆様から、ふるさとのまつりに対する誇りとフル規格新幹線への期待を感じた一日となりました。

新庄まつりの様子

新庄まつりの様子

新庄まつりの様子

新庄まつりの様子

令和元年度 促進大会・シンポジウムの開催2019.07.31

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 県と県議会、市町村、経済界等、オール山形メンバーによる山形県奥羽・羽越新幹線整備実現同盟の令和元年度総会・促進大会を山形市内で開催しました。

 会長の吉村美栄子知事は、地域間の結びつきをより強固なものとするため、福島~米沢間のトンネル、そして両新幹線の実現に向けて、引き続き、各地域や業界等における運動の旗振り役として、本同盟の取り組みを推し進めていただきたいとあいさつしました。

 当日は「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢-福島間トンネル整備実現同盟会」の推薦を受けた東京外国語大学4年の佐藤桃華さんが、意見発表の中で、「若い世代こそがフル規格新幹線をはじめとしたインフラ整備についてより考える必要がある。フル規格新幹線が一日も早く実現し、より多くの人に山形の良さを知ってもらいたい。」と語り、KEN OKUYAMA DESIGN(代表:奥山清行氏)のディレクターの平田洋一氏が「フル規格新幹線整備の意義と効果~福島~米沢間トンネルがつなぐ山形の未来~」と題した講演を行い、「フル規格新幹線が実現し、各都市と速くつながれば、より多くの情報が得られる。」「山形から直接発信できる力を持てる。」などといったお話をいただきました。

 その後、山形県観光物産協会 平井康博会長より読み上げられた山形新幹線の福島~米沢間のトンネル整備の早期事業化などを織り込んだ大会決議が満場一致で承認され、吉村知事の「エイエイオー」のときの声で、参加者たちは福島~米沢間のトンネル整備の1日も早い事業化と奥羽・羽越新幹線の早期実現を誓いました。

促進大会・シンポジウムの様子

促進大会・シンポジウムの様子

福島~米沢間トンネル整備でのJRへの要望活動の実施2019.07.04

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 福島~米沢間のトンネル整備の早期事業化に向けて、山形県と福島県が連携し、JR東日本喜㔟常務への要望活動を行いました。
 山形県の吉村知事からは、山形新幹線において運休・遅延が最も多い米沢~福島間の早期事業化に向けた協議を加速していくことについて要請を行い、喜㔟常務からは、「山形新幹線はJRとしても重要な路線であり、安全・安定運行はもちろん、地元の連携、発展にとって重要なもの。早期事業化に向けて、県との協議も詰め、ともに政府に要望していきたい」とのコメントをいただきました。

要望活動の様子

PAGE TOP