イベント情報&活動記録

令和元年度 促進大会・シンポジウムの開催2019.07.31

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 県と県議会、市町村、経済界等、オール山形メンバーによる山形県奥羽・羽越新幹線整備実現同盟の令和元年度総会・促進大会を山形市内で開催しました。

 会長の吉村美栄子知事は、地域間の結びつきをより強固なものとするため、福島~米沢間のトンネル、そして両新幹線の実現に向けて、引き続き、各地域や業界等における運動の旗振り役として、本同盟の取り組みを推し進めていただきたいとあいさつしました。

 当日は「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢-福島間トンネル整備実現同盟会」の推薦を受けた東京外国語大学4年の佐藤桃華さんが、意見発表の中で、「若い世代こそがフル規格新幹線をはじめとしたインフラ整備についてより考える必要がある。フル規格新幹線が一日も早く実現し、より多くの人に山形の良さを知ってもらいたい。」と語り、KEN OKUYAMA DESIGN(代表:奥山清行氏)のディレクターの平田洋一氏が「フル規格新幹線整備の意義と効果~福島~米沢間トンネルがつなぐ山形の未来~」と題した講演を行い、「フル規格新幹線が実現し、各都市と速くつながれば、より多くの情報が得られる。」「山形から直接発信できる力を持てる。」などといったお話をいただきました。

 その後、山形県観光物産協会 平井康博会長より読み上げられた山形新幹線の福島~米沢間のトンネル整備の早期事業化などを織り込んだ大会決議が満場一致で承認され、吉村知事の「エイエイオー」のときの声で、参加者たちは福島~米沢間のトンネル整備の1日も早い事業化と奥羽・羽越新幹線の早期実現を誓いました。

促進大会・シンポジウムの様子

促進大会・シンポジウムの様子

福島~米沢間トンネル整備でのJRへの要望活動の実施2019.07.04

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 福島~米沢間のトンネル整備の早期事業化に向けて、山形県と福島県が連携し、JR東日本喜㔟常務への要望活動を行いました。
 山形県の吉村知事からは、山形新幹線において運休・遅延が最も多い米沢~福島間の早期事業化に向けた協議を加速していくことについて要請を行い、喜㔟常務からは、「山形新幹線はJRとしても重要な路線であり、安全・安定運行はもちろん、地元の連携、発展にとって重要なもの。早期事業化に向けて、県との協議も詰め、ともに政府に要望していきたい」とのコメントをいただきました。

要望活動の様子

「第8回日本一さくらんぼ祭り」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2019.06.22

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 第8回日本一さくらんぼ祭り(山形市)にて、奥羽・羽越新幹線の早期実現に向けての啓発・広報活動「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を開催し、パネル展示や啓発グッズの配布、青年会議書による署名活動を行いました。

 この日は親子連れでブースを訪れる方が多く、バルーンアートのプレゼントや新幹線をテーマにした手作りエコバックの作成も楽しんでいただきました。「子供が大人になったときに新幹線が開業し、もっと便利になってほしい」といった声など、フル規格新幹線に期待するご意見が多く寄せられました。

第8回日本一さくらんぼ祭りにて

第8回日本一さくらんぼ祭りの様子

手作りエコバック

第8回日本一さくらんぼ祭りの様子

福島~米沢間トンネル整備での政府への要望活動の実施2019.06.14

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 福島~米沢間のトンネル整備の早期事業化に向けて、山形県と福島県が連携し、菅内閣官房長官への要望活動を行いました。
 山形県の吉村知事からは、国土強靭化の視点からのトンネルの必要性、福島県や秋田県への奥羽新幹線の効果、山形県と福島県の両県で要望することの重要性を説明。同席した福島県の大島生活環境部長からも、災害に強いインフラ整備が重要であることをお伝えいただき、菅官房長官から、山形県と福島県の両県の熱意をしっかりと受け止めていただきました。

要望活動の様子

「道の駅米沢」における『フル規格新幹線県民運動推進キャラバン』の実施2019.03.02

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 2018年に東北中央自動車道米沢中央IC付近にオープンした「道の駅米沢」にて、置賜地域奥羽新幹線整備・米沢―福島間トンネル整備実現同盟会との共催により、奥羽・羽越新幹線の早期実現及び奥羽新幹線の実現を見据えた福島~米沢間トンネル整備の早期事業化に向けた「フル規格新幹線県民運動推進キャラバン」を実施。ブース内ではリーフレットやクリアファイルなどの啓発グッズ配布や、説明パネル展示、ガーランドメッセージ記入、「未来の山形へのメッセージ」テレビカメラ収録、子どもたちを対象とした新幹線ぬり絵体験、バルーンアートプレゼント等を行いました。
 当日、説明パネルをご覧いただいた方には、山形新幹線において最も多く発生する福島~米沢間の運休・遅延の現状や、トンネル整備の重要性などをご理解いただくと共に、このトンネル整備による安定性向上や所要時間短縮といった効果への、多くの期待の声を頂戴しました。

※なお当日お寄せいただいたメッセージはケーブルテレビで放送を行った他、後日こちらのホームページで映像公開いたします。

キャラバンの様子①

キャラバンの様子②

キャラバンの様子③

【置賜地域】「フル規格新幹線の実現に向けた地域ミーティング」の開催2019.02.22

カテゴリー:イベント情報&活動記録 新着情報

 10月の最上地域、11月の庄内地域、12月の村山地域に続き、置賜地域において、今年度最後の「地域ミーティング」を開催しました。12月に設立されました「置賜地域奥羽新幹線整備・米沢-福島間トンネル整備実現同盟会」、「米沢市」との共催事業として、松川コミュニティセンターを会場に、山形大学工学部、米沢女子短期大学、米沢栄養大学の学生のほか、一般参加者など合わせて約30名に参加いただきました。
 はじめに、置賜地域奥羽新幹線整備・米沢―福島間トンネル整備実現同盟会会長の中川勝米沢市長より「フル規格新幹線とは何か?何故トンネル整備が必要なのか?」と題した講話において、将来における地方創生実現の基盤となる奥羽新幹線、福島~米沢間トンネル整備の重要性や、その実現に向けた地域資源の磨き上げなどの地域における取組みの大切さ等について、お話しいただきました。
 その後、参加者たちは自分たちの30年後の未来について考え、フル規格新幹線を実現するために自分たちに何が出来るかを語り合いました。最後に行われた6グループの代表者による発表では、「TwitterやYoutubeなど様々なSNSを利用して新幹線について情報発信していく」という意見や、工学部の学生からは、「新幹線を安く誘致出来るように金属の代替材料となるポリマーの開発を行いたい」との意見